生活クラブFPの会はあなたの夢や希望を叶えるお手伝いをします

A ポイントは年金加入期間・加入履歴・年金見込額などです。

老齢年金は、原則65歳以降生きている限り受け取れる終身年金です。「ねんきん定期便」には、老齢年金算出の基になる記録データが載っていますので、記録がもれていないか、しっかり確認しましょう。

ハガキの「ねんきん定期便」には、年金加入期間・保険料納付額・最近の月別状況が載っています。50歳未満の方は「これまでの加入実績に応じた年金額」が、50歳以上の方は60歳まで現状のまま保険料を支払ったものとして、「老齢年金の見込額」と受け取る年齢が載っています。50歳を境目に、年金額の算出方法が違うことに注意しましょう。

さらに、35歳・45歳と年金支給開始年齢の2年前には、封書の「ねんきん定期便」が送られてきます。この「ねんきん定期便」には過去全ての年金加入履歴・厚生年金の標準報酬額・保険料などが記載されていますので、会社名、勤めた期間や標準報酬額の金額の変遷、国民年金保険料の納付状況などを確認します。年金加入記録などに、もれや誤りを見つけた時は、同封の「年金加入記録 回答票」に記入し、必ず送付しましょう。

≫詳しくは日本年金機構へ