生活クラブFPの会はあなたの夢や希望を叶えるお手伝いをします

A 子どもの年齢に応じて、将来の目的や進学先によって、教育費が違ってきます。

教育費が「いつ」かかるかは、子どもが生まれると同時にほぼわかりますが、「いくら」かかるかは「いつから何を始めるか」で個人差があります。進学先が国公立か私立か、また地域などによっても教育費は大きく変わってきます。

幼稚園から大学までの教育費は全て国公立で約1,000万円、全て私立で約2,300万円になるといわれています。この教育費には授業料や教材費、給食費、習い事や塾の月謝なども含まれます。高校までの教育費は生活費でまかない、大学の費用はあらかじめ積み立てなどで準備しておくとよいでしょう。

教育費は「かかる」費用と「かける」費用に分けて考え、家計に負担をかけすぎないことがポイントです。教育費以外に、住宅ローンの返済や老後資金の準備も含め、ライフプランにおける全体の資金を総合的に考えましょう。

≫教育イベント表へ